clementine sandner
clementine sandner

"美を感じたものを棄てることなく、それに再び生を与え蘇らせる。"

続きを読みます

フランス人デザイナー、日本の繊維。
ユニセックスのアスリージャーテイストの衣服、バッグを展開。




Clémentine

クレモンティーヌ・サンドネールはアクセサリーレーベルMikanの創始者及びクリエーターである。ブランドネームは彼女のファーストネームの日本語訳からきている(クレモンティーヌはフランス語で『みかん』の意)。彼女は自身を「アップサイクラ―」と位置づけ、ゴミや不要品と見なされるものを素敵なアイテムに再生させることに意欲を燃やしている。

彼女のプロセスは蚤の市で着物や帯を探すところから始まる。彼女は特に、自然現象を描いたシンプルでモダンな図案に惹かれている。彼女はそれらの生地を直感的に選ぶ。花が開いていくように、プリントと色の組み合わせを試しながら、デザインを決定していく。そして、反射素材や変形可能なフォームでモダンなアクセントをつけて完成される。

ゼロから新しいものが次々と生み出される時代、Mikanはこうした廃棄品から時を経た美しさを見出す。Mikanのアイテムを通じ、伝統的な生地達は現代を生き抜いていくのだ。

Mikanの各デザインは一点もので、手作り、そしてリクエスに応じてカスタマイズができる。
期間中、アリー・モブズによるサウンドクリエーションを用いたビデオインスタレーションも展示される。アリは彼女の創作過程をなぞるように、彼女のアトリエで採取した音源を複雑に再構成している。